ジェビトラの副作用はどう?

ジェビトラとは
ジェビトラは、サンライズレメディ社が開発した勃起不全に効果的なED治療薬です。即効性を代表的な特徴としての世界で第二位のED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。それで、レビトラと同じな成分バルデナフィルを配合し、効果や安全性はレビトラと同じです。しかし、先発薬品レビトラの開発や宣伝費用が必要ではないことで、レビトラの1/10価格で購入出来るため経済的で人気のED治療薬です。

ジェビトラの有効成分としてのバルデナフィルは陰茎内に存在し、勃起に大変な重要なcGMPを分解してしまう働きを持つPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素の働きを阻害する作用があります。PDE5を阻害することが出来ればcGMPは分解されずに血管が拡張・血流量が増加し勃起が促され、正常にその役目を果たすことが可能となります。

ジェビトラの副作用
レビトラのジェネリック医薬品であるジェビトラには、レビトラ同様に副作用や飲み合わせのリスクがあります。レビトラで報告されている副作用は、基本的にはジェビトラを服用しても起こりうるということを理解しておきましょう。一般的な副作用の症状として「顔がほてる」「動悸がする」「消化不良」「頭痛」「鼻づまり」等が報告されています。また、ジェビトラの併用禁忌薬としてニトログリセリン・硝酸イソソルビド・ニコランジル・ニプラジロールなどがあり、服用する場合、これらの薬と併用することは注意してください。

それらの副作用の中で最も目立つ副作用として、頭痛やのぼせ感が挙げられます。これらの副作用はジェビトラの持つ血管拡張作用によるものです。症状は比較的軽く、発症する確率も低いので、特に神経質になる必要はありません。一時的に感じる程度で、時間の経過と共に自然と消えていきます。ただし、上記症状が効果発生時間を過ぎても治まらない、症状が過剰に出すぎる場合に関しましては、服用を中止していただき、早急に医師にご相談ください。