ストレス

生活習慣病の原因の一つにストレスがあげられる。しかし、生活からストレスを完全にとり除くのは難しい現代である。ここで、ストレスを言いたい原因は二つがある。①ストレスは生活習慣病(高血圧・糖尿病・動脈硬化など)を招く主な原因である。②ストレスによる血圧が上がること、動脈硬化ことで血液をうまく送り込むことができなく、EDになりやすいである。勃起できる勃起できる重要な条件のはペニスへ血液がうまく流れられるからです。ここでは、ストレスが血液にどんな影響を与えるかを見ながら、自分の状況を比べてください。

✳ストレスんの正体は?
強いストレスを加えたとき、血液中にはストレスホルモンの一つ、カテコールアミンが、通常の2倍に増える。このカテコールアミンがストレスの正体だ。そしてこの物質が、血管を収縮させる。衝撃を受けたり、困難や不安にあうと胸がドキドキするが、その原因はカテコールアミンがあったのだ。その結果、血圧が上がったり、心拍数が増え、心臓に負担がかかることになる。カテコールアミンは、さらに恐い働きをする。それは血小板を固まらせてしまうことだ。そのため、カテコールアミンは、ドロドロ血液の原因ともなる。
ストレスが長く続くと、高血圧や動脈硬化を起こすのは、こうしたカテコールアミンのしわざだったのだ。カテコールアミンは化学的にも合成され、強心剤などにも使われる。本来に弱い人間が、動物を倒すために力を振り絞ったり、急いで逃げるために、体中の血液を必要な筋肉に集中させる機能として備わったものだ。しかし、現代人が受けるストレスは想像以上になるため、生活習慣病の原因の一つとなってしまった。

✳ストレスと病気
悩みごとや嫌なことがあったとき、何気なく口にする「ストレス」。この言学者が初めて登場したのは、カナダの医学者ハンス・セリエの論文だった。その定義によれば「刺激によって引き起こされる体や心の状態」となる。人間の体には、何らかの変化が起きたとき、支障がないように調節し、もとに戻す仕組みがある。その仕組みを障害するような刺激を受けたときに現れる反応をストレスという。
たとえば、事故などによる動揺、人に対する怒りや悲しみ、不安。そして気温の急激な変化や激しい運動や肉体的な負担などもストレスとなる。2千人以上の中年男性を6年間追跡調査した研究で、絶望というストレスと重大な病に関係がうかがえる。地震のときなどに心筋梗塞の発症が多くなるのもストレスが関係していると考えられている。

✳ストレスを解消するには?
ストレスは人により、内容もさまざまで、その感受性の強さも異なる。ここまでみてきたように、誰もがストレスを受け、心筋梗塞や脳梗塞を発症するわけではない。また、何が自分にとってストレスになっているかも、はっきりと分かるわけではないので、防ぐのはなかなか難しい。さまざまな研究を通し、ストレスを受けやすい人の性質や行動の特徴などは分かっている。もし、それに当てはまるのであれば、やはり解消方法を知っておきたいもの。
➡緊張し続けないように変化をつける
あわただしく車の中で食べていた昼食を、公園で食べるようにした。ほかにも、通勤路を少し変える、ほっとする息抜きの時間を作るといったことでも効果があるだ。
➡好きなものを楽しむ
仕事で移動中に好きな音楽を聴き、リラックスした。
➡ゆとりの時間を持つ
自宅に早めに帰り、自由な時間を持つようにした。
➡親しみ人と話す
➡自然の中をゆっくり散歩する
➡笑う
➡ぬるい風呂に半身浴
➡抗酸物質を食べる
などのもストレス対策になる。ご参考してください。